お酒を飲むなら時々大酒より毎日少しずつの方が老化防止になる?

お酒を飲むなら時々大酒より毎日少しずつの方が老化防止になる?

お酒は昔から百薬の長という言葉のように毎日少しずつ飲むほうが、時々大酒を飲むよりも体にとって良い影響を与えてくれて老化防止にもなります。

 

お酒が老化防止になる効果として血行が良くなることがあります。少量だと血管を拡張して血液の流れを良くして血行を改善するので体が温まったり、疲労回復効果や血管が詰まりにくくなります。老化の一つに老廃物が溜まることでおきる活性酸素の増大がありますが、少量を飲むことで血管のデトックスも期待できます。

 

他にもコミュニケーションが円滑になります。アルコールが体内に入ると大脳皮質の抑制が解放されますが、皮質は大脳の表面を覆っている層で思考や知覚、運動に記憶などの機能を司っていて人の行動と思考で重要な働きをします。

 

宴会などで飲むと普段あまり話すことがない人でも話せたりすることがありますが、お酒で抑制がとれて緊張がほぐれるため普段よりも陽気になったり、会話も弾みやすくなります。年を取るとコミュニケーションを取るのも面倒になってきますが、それも大脳の働きを関係があるためです。

 

飲むことでストレス緩和にもなります。沈んだ気持ちも晴れたりします。全てのストレスを解消できるわけではありませんが、解消には良いです。人はストレスを感じると悪玉活性酸素を排出するといわれていて、万病の元や老化の元凶でもあるので適量を飲んでストレスを解消し老化防止に繋げると良いです。